だらしなく過ごしてしまった休日

今週末日は注文に行こうという、前々からダディーという話していました。
それなのに、今日は朝方起きたタイミング、どうも結構だるくて、起きる思いにもなれず、延々とベットの中でゴロゴロしている間に、二都度寝をしてしまいました。
そうして再び目が覚めるという、11時半だったのでびっくりしました。
幸いにも、ダディーも怒ることなく、一緒に何だかんだしてくれていたのでセキュリティしました。
只注文に行こうという話していたパックはお流れになり、わたくしは延々と日帰りをあかすことになってしまったのだ。
今日はお天気は良かったのところが、感じチックに寒く思えたので、毛布を引っ張ってきて、リビングのソファーの上で毛布に包まりながらTVをなんとなく見ていました。
すると、ダディーがコーヒーを入れてくれて、トーストを焼いて、卵を焼いて、キャベツの千切りを作って、簡単なサンドイッチを用意してました。
それを感謝しながら、毛布に包まりつつ食べたわたくしだ。
食べたお皿はダディーが片付けてくれました。
一段と何も始める気持ちになれないわたくしを尻目に、ダディーは洗濯をしてくれました。
わたくしはそれを眺めてみて頂けですが、洗濯をすることに気がついたダディーにサンキュー。
やる気が起きない為に、わたくしは補修や洗濯のこともさっぱり忘れていました。
そうして、スマホでゲームをしながら、日帰りの三食い分の二をTVを見ながら何もしないで過ごしてしまったわたくしだ。
日帰りの終わりに個人の身の回りを振り返ったら、意義のあることを何らしていなくてわずか悔悛しました。
疲れていたということもありますが、無性にだらしなく過ごしてしまい、日帰りがもったいなかったなと思ったので、あすは少なくとも家庭の補修をして、なんとなく注文にでも出てみようかなと思いました。オーディション情報